少人数制の塾での先生の対応

少人数制の塾とはどんなところ?

少人数制の塾とは、通常教師1人に対して、生徒が6人から10人位で授業を行っている塾のことを言います。それに対して、集団指導を行う多人数制の塾は、教師1人で11人以上の生徒を受け持つというものです。多くの塾で、少人数制の指導を行うようになっていきています。少人数で授業を行うメリットは、理解できないことがあれば質問しやすい環境にあるということです。教師との距離も近くなるため、アットホームな雰囲気の中で細かな指導を受けることができます。費用に関しては、多人数制と比較するとやや高くなることが多いですが、個別指導を行う塾と比較すると安いです。周りと競い合いながらも、質問しやすい環境で勉強したい人にはおすすめの環境であると言えます。

少人数制の塾での先生の指導は?

少人数制での指導は、個別指導のように1対1というわけにはいきませんが、先生が細かいところまで見てくれます。分からないところが出てきた時に、多人数で授業を受けていると、質問しづらくて諦めてしまうということも多々ありますが、少人数制ならば先生の目が行き届いているので、理解できるまで重点的に指導してもらうことも可能でしょう。中には、先生が宿題のチェックまでしてくれるというケースもあります。先生との距離が近いので、勉強に関する悩みは話しやすく、先生の方も生徒1人1人の学習傾向を把握することができるようになります。分からない問題が解けるようになるからこそ、塾に通うメリットがあるため、子供のペースに合わせて指導してくれるのは嬉しいポイントであると言えるでしょう。

© Copyright Their Desired School. All Rights Reserved.