少人数制の塾での成長

合格実績だけを目標にしていない

学習塾にとって合格実績者数というは、良い宣伝文句になります。特に中学生を対象とした学習塾では、集団指導で一気に合格者数を増やそうという考えになりがちです。その結果、テクニック重視の授業が行われてしまうのです。たとえば英語の長文問題では、すべての文章を読まずに、設問の前後だけを読んで答えを導く解き方があります。確かにこの解き方でも正解にたどり着くことはできますが、それに慣れてしまうと、高校に入学してから苦労することになります。中学英語ではすべての文章を読んで、長文に対する基礎力をつけておくことが推奨されているのです。それに対し少人数制の塾は、合格者数の増加だけをゴールだと捉えない傾向があります。そのため本物の学習習慣が身につくという理由で、好評を博しているのです。

勉強に対する意識を変える効果もある

受験生以外でも中学1年生の悩みで、秋ごろに多いのが「2学期から急に授業が難しくなった」というものです。この悩みが多いことには、明確な理由があります。それは、学習内容が1学期までと比べて格段に難しくなっているにも関わらず、生徒にはその認識がなく、1学期と同じやり方で学習に取り組んでいることです。この悩みを解消するために、少人数制の塾に通い始める生徒が増加しています。少人数制の塾では生徒の理解度に応じた授業が行われるため、キメの細かい指導ができるのです。また、おとなしい性格の生徒も、少人数制の塾を選択することが成長につながるとされています。集団指導だと、わからないことがあっても大人数の前では質問しづらいからです。

© Copyright Their Desired School. All Rights Reserved.