少人数制の塾にかかる費用

少人数制の塾に通わせるメリット

近年増えている学習塾の形態として、4人以下の生徒に対する学習指導を行う少人数制の指導方法があります。集団指導を行う塾と異なり、個人の学習能力に応じた勉強方法を提供しています。そのため、学力に差がある子どもを持つ親にとって、選びやすいことが特徴です。得意科目と苦手科目の差が明確化されている生徒の場合、苦手分野を克服するという理由で多く選ばれています。その一方で、難関校受験などの理由により、さらに学力を向上させるという理由で、選ばれることもあります。

学校の授業についていくことができず、自分で勉強する方法を身に着けたい生徒や、集団指導では学力が伸びない生徒に適した学習方法と言えます。また、学校の授業や集団指導よりも高度な学習をしたい生徒にも適しています。

少人数制の塾にかかる費用は割高となる

自分に適した学習方法を見つけられるといったメリットを持つ少人数制の塾ですが、集団指導と比較して費用は高くなります。学習塾の場合、1万円以上かかる入会金及び、月々の月謝と教材費の他、夏休みや冬休みなどの長期休暇に行われる季節講習の費用もかかります。入会金が1万円の集団指導を受けるケースでは、月謝が2万円前後かかることに加えて、数千円程度の教材費がかかってしまいます。さらに季節講習に通わせる場合は、月謝の2倍に相当する4万円前後、夏冬合わせておよそ8万もの費用がかかります。

少人数制でメインとなっている個別指導の場合、入会金が1万円上乗せされた2万円、さらに月謝も3万円前後に上がります。教材費は個人の学習状況によって変化し、集団指導より安くなる場合もあります。季節講習に通わせると、集団指導の2倍の金額、一回8万円として、夏冬受けるとなると16万円の追加費用が発生します。

© Copyright Their Desired School. All Rights Reserved.