マンツーマンによる塾に向いている子供

成績を大幅に上げたいならマンツーマン

塾には集団指導のタイプと個別指導のタイプがあり、個別指導の中でも1対1、1対2、1対3などの形があります。1対1のタイプが完全なマンツーマン指導という事になります。塾に通う理由はそれぞれだとは思いますが、多くの子供は成績を上げるためではないでしょうか。ある程度自分で学習ができていて、成績が普通かそれ以上であれば集団と個別どちらでも合うかもしれませんが、成績が伸び悩んでいる子供は個別指導の方がおすすめです。集団指導ではみんなに合わせて授業が進んでいくため、分からないところでの質問がしにくい場合があります。苦手なところをなくすには質問するのが一番ですので、マンツーマンであれば気兼ねなく先生に質問する事ができ、自分の分からないところを克服していくことができるでしょう。

進路や性格よってもマンツーマンを選んだ方がよいかも

質問のしやすさと苦手の克服のしやすさでは、マンツーマンにかなうものはありません。集団指導では、きめ細かなフォローはあまり期待できないかもしれません。集団指導についていくのが難しければマンツーマンを選んだほうがよいでしょう。ある程度の成績がとれていれば集団指導でもよいのですが、子供の性格によっては、引っ込み思案でみんなの前で先生に質問するのが苦手だったり、みんなと一緒だと遊んでしまったり、授業のスピードと自分のペースが合わなかったりといったことも出てきます。難関校の受験を控えている場合などは、自分のペースで学習を進められる方が有利になる可能性が高いです。授業料などの違いもありますし、その子に合った塾のスタイルを選んであげたいところです。

© Copyright Their Desired School. All Rights Reserved.